がちゃぴんのポケブロ

ポケモン剣盾から対戦始めた民の緩めの構築記事です

シーズン26 使用構築【最終297位-1908】閃光のイベルウツロランド

f:id:gachapin_pkmn:20220201154225j:plain

お久しぶりです、がちゃぴんと申します。

 

今期は長かった竜王戦環境も最後という事で、シーズン序盤から積極的に潜り続け、久しぶりに自己ベストを更新する事が出来たので記事に残します。

 

【構築経緯】

 

先月から今期中盤まではずっとザシアン軸を使用していましたが、中盤増加していた日食ネクロズマ軸への攻略法が全く見い出せず、安定して勝率を保つ事が出来ず行き詰っていたため、日食ネクロズマを始めとする多くの禁伝枠と五分以上に張り合える点を評価し、新たな禁伝枠としてイベルタル軸を使用する事に決定しました。

 

前期結果を残した方々のイベルタル軸の構築記事を参考にさせて頂き、一番自分的にしっくり来たのが、前期最終63位のちべんさんの構築でした。※下記参照

 

chibenpoke.hatenablog.com

 

上記の構築をベースにし、自分なりに微調整して使用させて頂きました。

 

【構築のコンセプト】

 

・初手ウツロイドで起点作成し、裏のエースで一気に詰める。

 

【個体紹介】

 

イベルタル @命の珠

f:id:gachapin_pkmn:20220201161013g:plain

性格 :臆病

特性 :ダークオーラ

技構成:悪の波動/デスウイング/熱風/挑発

実数値:201-×-115-183(252)-119(4)-166(252)

 

本構築のエース。物理型との選択になるが、ダイアークでのDダウンの恩恵と、イベルタルの天敵であるザシアンへの最大打点となる珠ダイバーンが魅力的なため、特殊型で採用。挑発の枠は不意打ち、羽休めとの選択になるが、ダイウォールの種となりつつ、面倒な欠伸展開や、ジガルデ軸や害悪型ミミッキュ等の不意な妨害を阻止出来たりと、幅広い運用が出来る点を評価してこの技構成で落ち着いた。

努力値配分はCSブッパだが、そもそもの耐久値が優秀すぎるお陰で、ダイマックス時の火力と硬さの安心感が半端じゃない。メタモンにコピられても打ち合いで負けないし最強。ラッキーやバンギラスに無限に隙を見せる点が難点なため、相手が物理型と勘違いして選出して来ない事を祈るしかない(バンギはほぼ出された)。

 

ウツロイド @気合の襷

f:id:gachapin_pkmn:20220201163228g:plain

性格 :臆病

特性 :ビーストブースト

技構成:パワージェム/草結び/電磁波/ステルスロック

実数値:185(4)-×-77(76)-169(172)-152(4)-170(252)

 

本構築の起点作成要員。ちべんさんの構築ではCSブッパで使用されていたため、自分も最初は同じ努力値配分で使用していたが、実際に使用していくにあたり、Sを上昇調整した方が裏から出てくるエースバーンなどの早めのポケモンにも、死に際に電磁波を打てるようになり、個人的には汎用性が広がり使用感が良かったためこの調整で落ち着いた。

本構築がウツロイドでステロ電磁波を撒いた後に、イベルタルで先にダイマックス展開して詰める流れとなるため、ほぼ全ての試合に初手から選出していた。

今期は厚底ブーツ持ちのポケモンもほぼほぼおらず、環境的にもステロが非常に刺さっており、襷枠ではあるがダイマックスをしても珠すいすいガマゲロゲへダイソウゲンを打ったり、後発に出てくる珠サンダーのへも打ち合いで勝てたりと、幅広い活躍が出来た非常に優秀なポケモンだった。電磁波も割と当ててくれた方だったし良しとする。

 

ランドロス @突撃チョッキ

f:id:gachapin_pkmn:20220201165624g:plain

性格 :陽気

特性 :威嚇

技構成:地震/空を飛ぶ/岩雪崩/馬鹿力

実数値:165(4)-197(252)-110-×-100-157(252)

 

電気の一貫を切るための地面枠。ちべんさんの構築では岩石封じ、瓦割りが採用されていたが、初手のウツロイドで電磁波を撒き散らす構築でもあるため、マヒるみの害悪戦法が狙えて且つダイロックの火力の底上げにもなる点を考慮し、岩雪崩へ変更。瓦割りは単純に打つ機会がほぼほぼ無かったため、火力底上げのため馬鹿力へ変更した。

イベルを通すのが厳しそうな構築には、第2のダイマックスエースとしても幅広い活躍をしてくれた。単純に威嚇でのサイクルが優秀な点や、珠サンダーへの打ち合いにも勝って行ける耐久と火力を持ち合わせており、誇張抜きで出せない構築がほぼほぼ存在しなかったため、本構築で1番選出したポケモンだったかもしれない。

 

カプ・レヒレ @食べ残し

f:id:gachapin_pkmn:20220201171812g:plain

性格 :図太い

特性 :ミストメイカ

技構成:渦潮/ムーンフォース/自然の怒り/挑発

実数値:177(252)-×-179(220)-115-150-110(36)

 

受けループ対策要員。調整は前期1位のくろこさんの調整を丸パクリしています。※下記参照

shar965.hatenablog.com

技構成や努力値配分も変更せずにそのまま使用していたため、特に言うことはないが、終盤は受けループとあまりマッチングしなかったため、別の調整を試みても良かったかもしれない。構築上苦手なラッキーにストレスなく出せるため、この1匹によって掴んだ勝利は多かった。

 

ナットレイ @ヨプの実

f:id:gachapin_pkmn:20210301133847g:plain

性格 :呑気

特性 :鉄の棘

技構成:ジャイロボール/ボディプレス/宿木の種/鉄壁

実数値:181(252)-114-201(252)-×-137(4)-22 ※最遅個体

 

本構築の物理受け要員。鉄壁を採用する事によって日食ネクロズマ、ジガルデ、ゼクロム等の禁伝枠への詰ませ性能が優秀。また、今期マッチングしたイベルタルはどちらかというと物理型の方が多く見られた傾向にあったため、ランドロスの威嚇と合わせて対面で処理出来る事もあった。持ち物はメジャーである食べ残しをレヒレが使用しているため、ザシアンやウーラオスインファイトを強引に耐えつつ返り討ちに出来る点を評価し、ヨプの実で採用。実際に活きる場面はかなり多かったが、最終日はインファ急所で3回程沈められたり、マッチングするパッチラゴンには先に鉄壁を積んでいたにも関わらず、2戦連続で急所で落とされて勝ち確プランが崩れたりと、完全に急所大公開芸人と化しており発狂させられることもしばしばあった。

 

ヒヒダルマ(ガラルの姿) @拘りスカーフ

f:id:gachapin_pkmn:20220201175332g:plain

性格 :陽気

特性 :五里霧

技構成:氷柱落とし/フレアドライブ/地震/蜻蛉返り

実数値:181(4)-191(252)-75-×-75-161(252)

 

本構築のスイーパー枠。最終日前日まではスカーフメタモンを使用していたが、構築上初手にランドロスが出されやすかったため、圧をかけられるようにヒヒダルマへ変更。

実際に選出する事も少なくなかったが、大事な場面でことごとく技を外し続けられたため、最終盤は完全に信用がなくなり置物状態と化していた。戦犯をかます事が多かったが、採用したことによって明らかに初手にランドロスを出される事が減り、結果的にはウツロイドの通りを良くするための影の立役者的な存在として役立ってくれた。はず。そう信じたい。

 

【結果】

 

使用TN   :がちゃぴん【最終297位 最終レート1908】

対戦回数:408回 224勝 184敗

 

f:id:gachapin_pkmn:20220201154131j:plain

 

【最後に】

 

長かった竜王戦環境でしたが、最後に自分の中では初となる最終200位代を更新でき、二度目のレート1900の大台にも乗る事が出来て良かったです。

 

次の目標は二桁順位やレート2000と言いたいところですが、自分で対戦すればするほどレート2000という大台がどれほど遠いかを実感しており、自分の実力ではまだ先なのかなと思っています。

 

着実に成長はしてきているので、今日から新たに始まる長い長い7か月の禁伝2体シーズンも引き続き結果を残せて行けるように頑張りたいと思います。

 

もう竜王戦環境は終わったので、需要はないですが念のため今回の構築のレンタルも貼っておきます。

 

f:id:gachapin_pkmn:20220201154205j:plain

 

ではではここまで読んで頂きありがとうございました!

 

とりあえず買ってからずっと放置しているアルセウスをかじりながら、新シーズンものんびりと取り組んでいこうかと思います(-ω-)/

 

Twitter:@gachapin_pkmn